古くから伝わる占い

空

生まれた日でわかる運命

九星気学とはもともと方位の吉凶を知るために作られた、その人の生年月日を九星や干支や五行と呼ばれるものとあわせた占術です。これによって占えることのひとつに相性占いがあります。相手の生年月日と自分の生年月日の九星を照らし合わせることによって相性が占えるというものです。インターネットで検索してみると、無料で占えるサイトが多数あります。無料で生年月日を入力するだけでどの九星に当てはまるのかなどが手軽に占えるのがとても魅力です。九星気学によってある程度の性格の分類ができるとも言われており、相性を占う上で役に立つことがわかります。たとえば、九星気学では一白水星の人はとても静寂を好む傾向があり、二黒土星の人は陰で支える裏方的な役割を好みます。また、三碧木星の人は若々しいパワーに満ち溢れていて、四禄木星の人は社交的で人からの信頼が厚いが優柔不断なところがあります。五黄土星は波乱万丈で傷つきやすい心を持っており、六白金星は堅苦しさや厳格さを持っています。七赤金星の人は贅沢することを好みます。八白土星の人は常に変化する事を恐れず高い壁も乗り越えていく力があります。九紫火星の人は、先のことを見据えて行動でき、頭の回転が早いです。このように一から九までの分類は無料でも手軽に見ることができるのですが、九星気学による良い相性の組み合わせとはいったいどんな組み合わせなのでしょう。たとえば、木星の人と金星の人の組み合わせは木と火なので、木は火を大きくするという意味になり、木星の人が金星の人にとって成長の糧になっているといえるでしょう。無料で占えるのでお試しください。また、土は金属を好むので土星の人と金星の人は互いに必要と感じますし、水が木を育てるので木星の人にとって水星の人は必要な人という意味になります。このように相性を占う際にはお互いにどの九星に当てはまるのかを見るとよいでしょう。