気の流れが大切。

占い

小さな事を積み重ねる。

日本には古来からたくさんの占術がありますが、その多くの基礎となっているのが九星気学であります。人生の大きな節目である就職・結婚・引越しなどの際に占術を使う人は多くいますが、節目はもちろんの事、日々の生活に九星気学の考えを取り入れる事で運勢が豊かになると考えられます。九星気学では自分の本命星と言われる九星によって、年・月・日の運勢を知る事が出来ます。どの占術でも気の流れが非常に重要で、普段の生活では月の運気を参考にして、結婚や転職などは長期スパンで気の流れを見る事の出来る年の運気を参考にすると良いと考えられています。九星気学では自分の九星にとって良い方位と悪い方位を知る事が出来ます。今まで何かトラブルが続いていたり物事がうまくいかないと感じている時には、自分の九星の年盤・月盤・日盤をしっかり見つめ直して行動に繋げていく事が大切です。気を付ける事として、大凶と言われる暗剣殺・五黄殺と言った方角に行く事を出来るだけ減らし避ける事が重要です。すべての凶方位を避ける事は難しいかもしれませんが、年盤・月盤・日盤がどれも凶方位を向いている時などには大きな決定事や行動を避ける事でトラブルを回避できる可能性が高まります。この様な小さな事の積み重ねで運勢は少しずつ上向きにると考えられています。九星気学を人生の節目や日々の生活に少しでも取り入れる事で、行動範囲や考え方も変わり、運勢の流れの変化を感じる機会が増えると思います。