水晶

その人を表す基本8色

オーラとはその人を表すエネルギーのようなもので、複数の層によって形成されています。1層目のオーラの色がその人の特徴を一番表現していると言われており、赤、オレンジ、緑、黄、青、紫、黒、白の8色が基本の色とされています。

詳しく見る

空

古くから伝わる占い

古くから人々に親しまれてきた九星気学ですが、あまり身近に感じている人は少ないと思います。無料でも占える九星気学を知ることで、少し相性が良くないなと思っていたり、苦手だなと思っていた人の性格も知ることができれば、付き合い方も少しだけわかってくるかもしれません。

詳しく見る

宝石

人生をより良いものに。

九星気学は生年月日と干支と五行を合わせた占術です。自分の九星を知る事で自分にとって良い方角や良くない方角を知る事が出来て、良い方角からはパワーをもらい自分の運勢をより良いものにする事が出来ると考えます。

詳しく見る

宇宙

誰にでも使命がある

インディゴチルドレンは洞察力が鋭く年齢以上に大人びているという特徴があります。出来ることと出来ないことがハッキリしているのでアスペルガー症候群などと間違えられることもあるそうです。しかし、音楽や文学の才能を持っていたり、オーラが見えるといったスピリチュアルな力を持っています。

詳しく見る

占い道具を持つ人

体の中のエネルギー

オーラの色は、人間が持つ全身から出るエネルギーです。色には特質があります。それぞれの特質を生かすと仕事や家庭、友人関係などコミュニケーションが良くなります。色の特質を理解しておくと生活の役に立ちます。

詳しく見る

レディ

未来の幸せのために

九星気学は、生年月日から自分と相手の性格をわりだし、相性占いを手軽に行えます。ネットでは無料のサイトで簡単に占うことができますが、本格的に占いたいなら、店舗がおすすめで、予約制であるかを調べる必要があります。

詳しく見る

占い

気の流れが大切

九星気学は日本で古くから使用されている占術で、自分の九星にとって良い方位や悪い方位を知って、良い気を取り入れ悪い気を避けるといった考えです。九星気学を人生の節目や日々の生活に取り入れる事で、運勢の流れを感じる機会が増えるでしょう。

詳しく見る

特別な子供たち

宇宙

使命を持って生まれた

インディゴチルドレンというのを知っていますか。インディゴチルドレンと呼ばれるのはインディゴブルー(藍色)の魂を持って生まれた子供たちのことで、1970年代後半に地球に現れ始めたといわれています。今で言うともう40代ぐらいになっていますね。インディゴチルドレンの特徴は、協調性に欠け自分は人とは違うんだという感覚を持ち、また他人の感情を読み取りすぎてしまうために考えすぎたり鬱になったりする傾向があります。また、何か夢中になると周りが何も見えなくなるとか、コミュニケーションが極端に苦手という特徴もあり、発達障害とまちがわれることもあるそうです。そのためインディゴチルドレンの人は、社会に適応しにくかったり少し生きづらさを感じてしまうこともあります。そして自分ではその特徴にはなんとなく気付いていても、自分は何者なのかわからないと悩む人も多いそうです。ではこれらを解消する方法はあるのでしょうか。それは無理をして人に合わせないで良いという事です。好きなことをして過ごしていく事で発見や感動・気付きがあり、そのことが生きていく喜びとなっていくのです。インディゴチルドレンの特徴は他の人から見ればちょっと変に思われてしまうことも多いでしょう。ですが、このインディゴブルーの魂をもって生まれた子供にはそれぞれ特別な能力があり、もしも自分の子供がそうであったとしても否定しないでください。せっかくの特別な能力を押しつぶしてしまうよりも、輝かしい魂として誇りに思うべきです。もし自分もインディゴチルドレンなのではと気になっている方がいたら、インターネット上などで色々と調べてみると良いかもしれませんよ。